東京月例会
協会の中心となる研修会です。

東京月例会 /  【入会について】
●東京月例会

「鍼灸によるいやしの道」研修要項/前伝、初伝、中伝、奥伝のうち、主に前伝から中伝および
奥伝(序)までの課程を特定の立場にこだわることなく、広範な入口から学びます。
「初伝・入門講座」を修了し、入会手続きをした会員のみが参加できます。
●研修要項

(1)前伝
 本格的な研修に入る前の基礎課程で、常識として知っておくべき東洋医学的知識や「いやしの道の心」等について研修します。

(2)初伝
 鍼灸治療の「基本の型」の修得を目指します。
 管鍼法のマスター、的確なツボの取り方、治療に適した身・息・心の基礎作り、生命のあり様の感得等を学びます。この課程を充分に修めれば、患者を治療して,治癒に導くことができるようになります。

(3)中伝
 「応用の型」の修得を目指します。
 無鍼管法、直感的な診断への理論的裏付けづけ等をマスターし、更なる治療効果の向上をはかって、いやし手としての完成に近づきます。
 さらに希望者は、指導者として後進を導くことに備えます。

※学びの見取り図参照

稽古風景 臨床検討発表 新月例会
月例会 月例会 月例会

○開催案内
 令和2年3月より新型コロナ感染拡大防止のため、対面形式での主催行事は自粛しており、令和4年も当面は同様の状態が続くことが予想され、再開時期は未定です。
 その間、対面形式に代わる、「オンライン月例会」として症例検討会および講義をzoomミーティングにより開催中です。また、実技指導のために「少人数制実技稽古」の機会を設けています。

●オンライン月例会

内 容:症例検討会、または、講義。
     令和4年








     令和5年
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
 症例発表/堀 雅観  司会/前之園空観
 症例発表/越藤泉観  司会/堀 雅観
 講 義 /朽名宗観  司会/三輪圓観
 症例発表/伊藤翠観  司会/前之園空観
 症例発表/野田 亮  司会/堀 雅観
 月例会は休み(合宿またはオンライン特別研修会を予定)
 症例発表/森 勝   司会/前之園空観
 症例発表/高橋妙観  司会/三輪圓観
 講 義 /海野流観  司会/堀 雅観
 症例発表/海保昭一  司会/三輪圓観
 症例発表/養母忠観  司会/堀 雅観
 講 義 /山野鵬観  司会/前之園空観
対 象:会員および「オンライン入門講座録画」購入者。
日 時:第3日曜日14:00〜15:30
会 費:無料。
問合せ:info.iyashi@gmail.com
*参加案内は毎月、司会から対象者にメールで一斉配信。

●少人数制実技稽古

内 容:指導者の治療院で、受講者人数を二〜三人に限定し、
    90分程度の時間で実技指導。
対 象:会員(「オンライン入門講座録画」購入者も入会すれば参加可)。
日 時:指導者と受講者間で取り決める。
会 費:2000円。
問合せ:info.iyashi@gmail.com
*毎月、希望者を募る案内が担当者からメールで一斉配信され、実施する上では、感染防止対策を徹底することが前提となります。感染状況によって休止となる場合もあります。 で一斉配信され、実施する上では、感染防止対策を徹底することが前提となる。状況によって休止となる場合もある。

●【入会について】

 「オンライン月例会」への参加は、「オンライン入門講座録画」を購入していることが条件となり、入会の必要はありません。
 しかし、それだけではなく、実技指導、「オンライン初伝フォローアップ講座」、会員対象の自主研修会等を受講し、「鍼灸による日本的ないやしの道」の研修を深めることを希望する場合は、入会して頂くことになります。
 これにより准会員となり、「いやしの道」の基礎的なこと、すなわち初伝までの課程が研修できます。また、合宿の参加費や機関誌の頒価での特典が受けられます。
 更に上をめざして、中伝課程を学ぶためには、初伝の修行要項をすべて修了し、会の運営に積極的に携わることなどの主旨に賛同した上で、初伝終了認定試験に合格して正会員となる必要があります(その際、新たに入会金等を納める必要はありません)。
・申し込み&問合せ:E-mail/info.iyashi@gmail.com



Home / Page Top↑

東京月例会 / 行事案内 / いやしの道とは / 日本鍼灸の特徴 / 古医道研究所 / 最新のお知らせ / 治療院案内 / メール / 書籍購入